竹下 智也

竹下 智也

竹下 智也(1982年生まれ、大阪府在住)
独学で写真を学び、2000年に大阪でグループ展に参加したの後、東京に移り、2005年にプロとしてのキャリアをスタートさせた。

彼は世界的有名なジャズトランぺッターの日野皓正氏を始め、国内外の様々なアーティストと写真・映像作品を作り上げる。また、日本を代表するフラメンコダンサー鍵田真由美(Arte y solera)や日本人初のイングリッシュ・ナショナル・バレエ団員となったバレエダンサー鶴谷美穂とテーマ性を持った作品作りも意欲的に行っている。

グループ展

2018
Winter Group Show, Onishi Gallery、ニューヨーク、アメリカ合衆国

 


In the Shell, 2017, monochrome photography (Hasselblood), 47 x 47 in. (120 x 120 cm)

In the Shell, 2017, monochrome photography (Hasselblood), 47 x 47 in. (120 x 120 cm)

In the Shell

Flesh is a shell that covers my soul.

When touched with life for the first time,

My soul learns to live,

And to express.

It is not I who owns a soul.

I exist within the universe called ‘the soul.’

Sadness, joy, anger.

It is easy to settle with such simple words.

At times, the world is cruel and takes over.

As if lost in a storm,

My soul fights and struggles,

Desperately and in disarray,

Yet still continues to express.

Where does my soul stand now?

Leave a reply